『ロータリーの友』は、国際ロータリー(RI)の認可を受け、ロータリー・ワールド・マガジン・プレス(『THE ROTARIAN』とロータリー地域雑誌の総称)の一員として発行されているロータリーの地域雑誌です。
ロータリーを語る時、ロータリーを思う時、私たちの心の中には各人にとってのロータリーが広がっているはずです。一人ひとりの読み手の生き方によって読み方が異なってよいと思います。なぜ『友』を読むのか、の答えの一つがそんなところにもあるように思います。

2021年2月5日金曜日

ロータリーの友を読もう2月

 

表紙 

グレーがかった空、沈んだ緑、とんがった山並み。寒々とした冬景色の中に、

真っ赤な屋根、真っ青な屋根の家。春を待つ家族の歓声が聞こえる、

春よ来い♫そんな感じのイラスト。いいですね。


RI会長メッセージは

様々な課題への具体的名取り組みを紹介するホルガー・クナークRI会長の

姿勢が出ていてすごく説得力がある。RPPIって全く知らなかったが、

意識を持った女性たちが体験を伝えることで平和を築くワークショップ

芸術文化から宗教を超えた対話を生み出すプロジェクト等、

草の根でのたくましい活動に新鮮な感動を覚えた。


P7)特集 平和構築と紛争予防月間

過去を知り、未来へつなぐ」

この特集は、是非皆さんに読んでいただきたい。

戦争体験者がいなくなり、戦争という異常な事態が引き起こす悲惨な状況の記憶が、

記録が消えつつある。故福井順さんという被爆学生の壮絶な体験は、

その生々しい地獄の日々に自らを置いてみるだけでも意義がある。

地球上の全ての命を破滅に追い込む核兵器など、誰が考えても消し去るべきだと思うだろう。

なのに、核保有のバランスが平和を維持するだの

北朝鮮や中国などの脅威をなくすため日本も核をもつべきだなど、

愚かな理屈をこねる若者(だけじゃないか)がいることが情けない。

日本は被爆を体験した唯一の国。その重大な事実を忘れないために、

こういった特集は毎年毎年、繰り返し報じて欲しい。


最前線で活躍する平和フェロー達の報告も政府や政治家の取り組みとしてではなく、

貧困や飢餓、精神障害や差別など、もっと身近なところから平和と取り組む姿が

紹介されていて感銘を受ける。大事なことだ。


P17「第49回ロータリー研究会リポート」

初のオンラインでの「ロータリー研究会」

移動による時間的、経済的負担が軽減され866人もの登録があったようだ。

注目したのは、リアルタイムで日本とクナーク会長のいるドイツ、

通訳するRIスタッフのいるアメリカの3カ国を結んで対話が行われたこと。

女性リーダーの重要性が語られ、

日本からの質問、日本とドイツの共通性でもある、親睦を核としたクラブ運営や増強が

直接、会長からその場で語られた。


P20「視点 ガバナーのロータリー・モメント」

2550地区、伊藤智仁Gのモメントに頷いた。

後藤新平の提唱した行動原理自治三訣(自助、互助、自制)を取り上げられて、

「人の世話にならぬよう)から始まることで、クラブ奉仕や職業奉仕の明確な解釈を示された。

新鮮な発言、個性的なガバナーは魅力がある。


P24) Rotary projects around the globe

やはり数字のもつ力で読者の目を引きつけようという頁。

今月目についたのは17平方キロというニュージーランドの柑橘類果樹園の広さ。

生産調整されても余って腐ってしまう柑橘類をロータリーが集め

必要な地域に送る活動をしているという話。奉仕のアイデアはホントに身近なところにある。

我々も地域に関心を持たねば、と考えさせられた。

P26) よねやまだより

 ウクライナ・キエフからテチアナ・セゾネンコさんの便り。

ボルシチってロシア料理だと思っていたらウクライナの伝統料理らしい。

キエフには寿司屋が200店以上あるとか。親日的のようなので行ってみたい。


P28 「大人の着こなし図鑑 礼服

このコーナーもロータリアン必読、今月は礼服(弔事)がテーマだが、

ほぼ慶事と使い回せるようだ。できるだけ黒っぽくするとか、華美を避けシングルカフス

ノーアクセサリー、靴は黒のつや消しとかに気をつければ良し。


P31) 連載コミック 「ポール・ハリスとロータリー」

      第4章 ロータリークラブの発足(後半)

自分たちのためだけに集まるのではなく、世のため、人のために活動すべきだ、

と方針を転換し、それにこだわるポールに会員たちが反発、

崩壊の危機を招いた時、それを救ったのが

例会の雰囲気が和らぎ親睦が保たれる。ロータリーソングの発祥だが、

たしかにロータリーって童心を大真面目に実行するところがある。

それがロータリーのいいところかもしれない。


P45) 「財団管理委員長からのメッセージ」

ラビンドラン財団管理委員長のメッセージで、また一つ新しいことを知った。 

ユダヤ教のラビ(指導者)で名医だったマイモニデス「施しの八段階」

同情心で渋々施すことから始まり、進んで施す、求められる前に施す、

最後の八段階が苦難を予測して回避するために施す。

RIが行っているポリオも自立という宝を贈る様々な支援も、

その八段階に該当する支援だとか。成程、これは誇りに感じていい。




縦頁に移って

P4  SPEECH

ロシアとの出合い ロータリーとの出合い 宮西 豊氏

コジノサハリンスクの名誉市民 宮西さんはアコーディオンを演奏して、60年も

刑務所を慰問されている篤志面接委員。作曲家としても事業家としても

放送局員としても成功された氏は、ふとしたきっかけでロシアを訪れたことから、

シベリア抑留犠牲者の墓を大事に守っていてくれたロシア人に感銘。

ソヴィエト崩壊で最悪の環境にあったロシアにお返しをしようと

現地でホテル経営に乗り出す。

ライオンズの経験からこの地でロータリーの結成、運営にタッチするが、

民族性の違いの驚かされる。

ロータリーは奉仕団体ではなく株式会社。

奉仕の精神が育たない国で懸命に若者たちを指導しておられる。

ロシアの社会事情を初めて知ったが、

ロータリーの推進する多様性とは凄いことだと認識を新たにした。


P9この人訪ねて


青木 茂さん 井原RC

岡山といえばデニムの一大生産地

最近はコロナ禍でのデニムマスクが大当たり。デニム着物やデニム作務衣も

かなりの売上だとか。井原市ではデニムでの街づくリを勧めていて、

井原デニムストアにはブランドを持つ6社が、それぞれのショップを展開している。

青木さんはデニム着物を担当、面白い商いになってきていると分析する。

驚いたのはデニム染料のインディゴ(藍)を使ったインディゴクッキーや

デニム素麺まであるとか。

デニムの素材を殺すというとんでもないクリエーションを展開する息子さんと

バチバチになることもあるらしい。

下請けのように受け身ではなく顧客と直接向き合うという根性は共通している。

親子はこう有りたい。参考になった。

P14「ロータリー俳壇・歌壇・柳壇」

俳壇に当地区から常連の長柄英男会員(鹿児島西RCが入選。


 城山に 入江一望 冬夕焼  


     (P20ROTARY AT WORK


今月は我が地区から2件、投稿が紹介されている。

「コロナ感染防止のため万全の対策で観月会」鹿児島西RC

会員のロータリー活動に対するモチベーションを下げないように、

各クラブ懸命の努力が見られる。もう一つは

「宮崎大学医学部附属病院に宿泊設備寄贈」宮崎北RC

服部幸雄会員1億円寄付をベースに会員がそれぞれの立場で協力するという。

素晴らしい。

2021年1月6日水曜日

ロータリーの友を読もう1月


表紙 

表紙はいつも楽しみにしている。

イラストのタッチが素敵で必ず『今』をイメージさせる構図が面白い。

今回は故郷の象徴を窓辺に置くという発想、窓の向こうが明るい、

コロナを何とか凌いでいい年になりそうだ


RI会長メッセージは

今年度のRI会長メッセージは、

周囲の活動家、理論家にそれぞれのテーマについて語らせ、

そのエキスを会長メッセージ=ロータリアンへの提言として伝えていて、

そのことが内容に深みと魅力を与えているように感じる。

今回は、グレッド・ヤング元RI会長の言葉。

今月のメッセージはクラブ戦略の重要性。

クラブの独自性を踏まえた計画を立案し必要な変化を起こす時、ということ。

今後23年における構想や優先事項は何かを会員全員に諮り、担当者、達成項目、

進捗状況の把握、スケジューリングを作成し実行する。必要があれば見直す。

そのことが自分のクラブを活性化に導く、ということがよく理解出来る。


P7)特集 職業奉仕月間

「あなたがつくっているものは?」

表紙の色鉛筆を使ったデザインがいい。縦組みのHead Lineが眼を引く。

ロータリーが多様な職業人(その道の専門家)の集まりであることを紹介することは、

ロータリーを理解する上で意義がある。

提灯屋さん、団子屋さん、酒造家、旅館、先端企業、医者など多種多様。

「あなたがつくっているものは?」の解答が、商品、製品というだけでなく

心とか笑顔、安心、文化というのも面白い。

うちの地区の岩下いずみ会員(犬猫美容院も紹介されていて親近感を覚えた。

みんな誇り高き顔で写っている。

身近な会員が登場するのは『友』を身近に感じることに繋がる。


P18) インターアクト

「新型コロナになんて負けない! きみちゃんと歩こう」

今年度からInter Actの頁が設けられている。

多様性を指向するロータリーが、その未来を担う若い世代を取り込むのは当然のことだが、

今までと違うのは、若者を指導するというスタンスではなく、

若者の自主性を支援するということ。

高田高校仏青IACが紹介されている。

コロナ禍の中で、ソーシャルディスタンスを保ちながら、

それでも積極的にイベントを実行する行動力は見習いたいものだ。


P20) 東京ロータリークラブ100周年 


   日本で最初のRC100周年を迎えた。

スローガンは「原点に立つと未来が見える PARTICIPATE


東京RCが輩出したRI会長 東ケ崎潔氏のRI会長年度のテーマ。

このテーマに基づき、記念ソング、記念バナー、お持ち帰りのペアカップ(深川青磁)

虎屋特性和三盆、いずれも会員、会員企業が制作した。この他米山に2000万円の寄付。

100年誌の編纂、紅白のハナミズキ100本が米山梅吉記念館に寄贈される予定だとか。

記念式典は、コロナ禍を反映してビデオレターの祝辞、クライマックスでは、

常磐津文字太夫会員と人間国宝、中村吉右衛門丈による祝儀舞。

料理は100周年ラベルのワインに、帝国ホテル、東京吉兆のコラボ、フルコース・・・

さすが、東京RC、やることがすごい!


P22) Rotary projects around the globe

広告の世界では「数字の魔力」とよく言われるが、数字には不思議と人の関心を

引きつける力がある。「Rotary projects around the globe』では、赤文字の数字が効果的。

イギリスの高級玩具の市場規模が80億ドルって、どういうこと?と思ったら、

それほど人気のあるテディ・ベア等の玩具をロックダウン中のロータリアンが手づくりして

子どもたちに届けたという活動の紹介になっている。

「栄養失調のパキスタン人12%」も「エルサルバドルで犯罪の危険にさらされている学校

10校のうち6」も然り。

編集部にコピーライティングの専門家がいるな・・・と思った次第。


P22) よねやまだより

ロシア・エカテリンブルグの日本部門コミュニケーションスペシャリストの

スソワ・エブゲニアさん


P26 「大人の着こなし図鑑 コート

このコーナーもロータリアン必読、といえる。今月は礼服がテーマだが、

パーティや会合では平服が当たり前、式典でも「平服でお越しください」という

時代にあっては、正装は却って浮いてしまう。

でも招いてくれた相手を敬う、という意識は持ちたい。せめて襟を正して

準礼装でも着付けて参加できるパーティを企画したいものだ。

ブラックスーツにベストはグレー、

ネクタイは白かグレー、スエードやアニマル柄は忌み嫌われることくらいは知っておきたい。

また、紋付き袴、紬や絣、浴衣など和装の注意事項もぜひ企画してほしいと願う。


P29) 連載コミック 「ポール・ハリスとロータリー」

     第4章 ロータリークラブの発足(前半)

ロータリーは当初、相互扶助が中心で、未だ世のため人のためという考えはなかった。

仲間となった1業種1社の会員が、お互いに仕事を原価で融通しあい、それはそれで

発展していたのだが、弁護士のドナルド・カーターを勧誘しようとした時、

人の尊敬と信頼を受けないような集まり、ロータリアンだけが儲ける組織では、

長続きしない、と断られ、ポールは猛省。1業種1会員制を貫きながら、

職業人の親睦の力を街の発展のために役立てようと提案。カーターの賛同を得て

社会奉仕の概念が生まれた。ロータリーの綱領に謳ってある4大奉仕は

ポールの苦悩の中で段階的に生まれていった事がよく分かる。


P38 地区大会略報

P45) 「財団管理委員長からのメッセージ」

いつも思うが、Ravindran財団管理委員長の文章は説得力がある。必ず目を通す頁だ。

今月は「6つの重点項目の成功は結局、環境問題にかかっている」ということ。

詩人タゴールの「木とは、耳を傾ける天に絶え間なく話しかけようとする地球の声である」

を引用、祖国スリランカでの火力発電所計画を撤回させた具体例を示して、

ロータリーの使命とは何たるか、を明示しておられる。

すべてのメッセージを1冊の本に出来ないものか・・・?


縦頁に移って

P4  SPEECH

Being Management 人材活性なくして事業継承なし

亀戸天神で江戸固有のくず餅を商う船橋屋の8代目、渡辺雅司氏の講演要旨。

永続企業は、高速で回るコマ。一見静止しているように見えるが、すごい速さで

回転している。そのコマを支えるのが軸となる経営理念と円盤の組織。

なるほどねぇ、いい例えだとまず感服。

この会社には、毎年17,000人もの新卒学生の応募があるという。何故?

「ワクワクしながら働けるから」「幸せを感じる組織だから」。

それには旧時代のセルフ型経営、「俺が、俺が」の世界で、社員に

「根性見せろ!」と叫ぶような、自らの能力に対する他者承認を求める

タイプではなく、

ワンネス型と呼ばれるEmotional Intelligence(情動的知性)

をもった共感型の経営者が必要とされる。

幸せのあり方大切にするワンネス型の経営者は、登山に例えれば

頂上を目指しながら中腹で仲間と自然を楽しむ経営者だという。

この方の引用される言葉が、どれも唸らせる。吉田松蔭の

「夢なきものに理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、

実行なきものに成功なし、故に夢なきものに成功なし」

最後に引用されたオノ・ヨーコの「一人で見る夢は夢でしか無い。

しかし誰かと見る夢は現実だ」

古くて最新の経営と言われる所以がここにある。


P9この人訪ねて

長野RCの室賀栄助さん。日本中に知られた善光寺門前の七味唐辛子屋さんの

9代目。最近は七味唐辛子を使ったスイーツがヒット商品だとか。

酒が飲めない甘党だから、辛い七味がスイーツに合うと思ったなんて

すごい発想だと驚いた。同じ七味の老舗、東京やげん堀と京都七味屋本舗と

コラボで共通ハンドブック「七味三都物語」をつくるなど頭も柔らかい。

前項の「俺が俺が」でないワンネス型の経営者と言えそうだ。

お父さんは15年前に地区ガバナーを務めた程のロータリー一家というのも頷ける。


P13「卓話の泉」

おせち料理あれこれ

昔ながらのおせちを懐かしむ世代としては、非常に興味深い投稿だ。

確かに昔は、3が日、主婦の労を厭うため、雑煮と餅以外、火というより

台所を使わず、 黒豆、数の子、たたき牛蒡、田作り、蓮根、海老といった

縁起物のお節だけを食し、3日目に、にらみ鯛に箸をつけ、鍋にするなんて

仕来りがあった。日本の仕来り残したいと思うのは、私だけかしらね。


     (P25ROTARY AT WORK

我が地区薩摩川内RCの「子どもたちの未来へと機会の扉を開く」が

掲載されている。是非ご一読いただきたい。