『ロータリーの友』は、国際ロータリー(RI)の認可を受け、ロータリー・ワールド・マガジン・プレス(『THE ROTARIAN』とロータリー地域雑誌の総称)の一員として発行されているロータリーの地域雑誌です。
ロータリーを語る時、ロータリーを思う時、私たちの心の中には各人にとってのロータリーが広がっているはずです。一人ひとりの読み手の生き方によって読み方が異なってよいと思います。なぜ『友』を読むのか、の答えの一つがそんなところにもあるように思います。

2021年5月12日水曜日

ロータリーの友を読もう5月

ロータリーの友を読もう5

表紙 

段々と世間が瑞々しくなってきた。碧という色は青と緑の組み合わせで何百何千もの彩になる。

初夏の風景、微妙な碧を楽しませてくれる。気持ちよくページをめくる。


RI会長メッセージは

青少年交換がロータリーの入り口となったクナーク会長。今月は3年前にこのプログラムで

ホストファミリーを務めた、ジンバブエのローターアクターの提言を紹介している。

「早く失敗して、早く学んで、自分自身でいることの重要性を知る」という言葉が印象に残った。

多様性を持ったロータリアンとの出会いが若者の人生を変える。そんなロータリアンになりたいものだ。


P7)特集 青少年奉仕月間「あなたのエールで輝く若人」

異文化交流の原点についてのインタビュー記事。一方的なリポートではなくインタビューという形で

内容を掘り下げている点がいい。「並ぶ」という習慣が日本独特のものだとは気づかなかった。

米山奨学会を通じてロータリーを知り、母国エジプトの考古学、文化を通じて異文化交流を深め

環境問題など地球的規模で考える視野を身に着けたとか。将来は大学教授となりエジプトの教育を変え、

次世代の人材を育てることで社会に貢献する。夢は世界平和というのも素晴らしい。

古代エジプトの豆知識がコラムで入っているのも興味が湧いていいと感じた。


 次もインタビュー。読者の関心事から切り込むという手法は、世代や文化に隔たりが在る相手を

理解するには効果的だと思う。グローバル補助金奨学生の彼女は留学先で国際交流栄養学を専攻して、

現在国際医療NGOで栄養管理部のマネージャー。私には全く未知の分野だが

「食が人々に与える幸福は国や環境が違っても同じ」という一言に関心をそそられた。

拙速に変えようとするのではなく、現地の人に寄り添い一緒により良い方向を探す。

活動の信念に感動してしまった。最後にマザーテレサの言葉「家に帰って家族を愛しなさい」が大好きだとか。

人柄まで見えてきた。このページにもコラム

一度行った事があるが、改めてカンボジアにいきたくなった。

 

P16バギオ基金「フィリピンの若者の夢と希望を実現 日比の懸け橋」


P18侃侃諤諤「新型コロナ体験 得たこと 失ったこと Part 1

寝ても覚めてもコロナ、コロナで情報が反乱しているが、どれもこれも不安と責任のなすり合いばかり、

コロナ鬱になりそう。with Coronaで上手に過ごす方法はないものか、と思っていたら、

今回の「侃々諤々」は役に立った。

会社を社員とコミュニケーションを深めるために居酒屋化しようとか、いい本と出会う機会、

日頃思っていることをこの際出版するITを学んでニューノーマルなクラブに変化させよう、

屋外の活動がだめなら頭を使った作文コンクールは?今までできなかった趣味、

例えばピアノに挑戦する、などなど結構楽しめる。

特にリモートやテレワークは、あくまでもウィルスと戦う手段、失ったものはすべて栄養になると

思えば耐えられる、という意見は「得たり!」という思いだった。


P21「視点 ガバナーのロータリー・モメント」

今月号には、当地区2730のガバナー風呂井 敬ガバナーが登場している。

「ロータリーは知れば知るほど奥深い組織です」という故先輩PDGの激励通り、

コロナに翻弄されつつ挫けず積極的に行動されている姿には頭が下がる。

クラブの個性を尊重し、それを魅力にしようと仰る、本当にロータリーを愛する方です。


P26Rotary projects around the globe

数字と写真を眺め、目についたところから読んでみる。

今回は171,000、人口18,000人のクック諸島を2019年に訪れた人の数。

新型コロナの感染事例が未だに確認されていないこの島では、出見世やダンスパーティ、

打ち上げ花火も思いのまま。いいなぁ

P28) よねやまだより

P30「大人の着こなし図鑑 衣替えの準備」

グッドタイミング!丁度冬物をクリーニングに出そうと思っていたので役に立った。

虫はグルメでポリ混紡など食わないで、いい素材から食うらしい。知らなかった。

ドライクリーニングは油性の汚れには向いているが汗など水溶性の汚れは落ちないことも

ウールやカシミアを頻繁にクリーニングに出してはいけないことも知らなかった。

汗汚れは蒸したタオルを当てるとか、メンテナンスではブラッシングや歯磨きに

中性洗剤で泡立て拭き取るのが有効とか、男でもこのくらいは知っておかねば。


P32PICK OUT PROJECT「クナーク会長が例会にやってきた」

オンライン例会だからこそ実現した、信じられない試み、なんとRI会長が日本のクラブの

例会に参加した。クナーク会長は国際協議会の後、一度もドイツを出たことはなく

バーチャルプレジデントとご自分で仰っているが、確かにこれはコロナが生み出した

新しいロータリーのスタイルに違いない。ニューノーマルが定着しそうな気がする


P33連載コミック「ポール・ハリスとロータリー」

P40「地区大会略報

P41NEW GENERATION

P43「エバンストン便り」

P44「財団管理委員長からのメッセージ」

【裏表紙から】

P4SPEECH子どもたちの健やかな心を育む 

(社医)あさかホスピタル院長・佐久間啓氏

最近良く耳にする、アスペルガー症候群のADHDについて、

その対応の仕方が解説されている。

すごく能力のある子、あるいは大人なのに、社会的な活動ができない、

周囲に全く関心を示さず付き合いにくい場面に何度も出くわす。

でもどう対処していいかわからないのが現状。「ADHDだから気にしないで」といわれても、

身内に関わりのある人なら、それで付き合いが終わってしまっていいわけがない。

子供だったら独りにしないで寄り添ってあげる、とか、身体の不調は心のストレス、ということを理解して

気を配ってやれるが、大人の場合は・・・?

実際に身につまされているADHDの大人との付き合い方などもぜひ講演していただきたい。


P9「この人 訪ねて」潮田武彦さん 下館RC

「儲かる農業2021」全国2位の人参農家の経営者。農業界の風雲児と言われ、

農業をしながら「農家」という意識はない。生産、加工、流通、販売を一体化させる

六次産業化を目指しているが、金儲けがしたい、成功したいとい気持ちだけではない。

基本は土。窒素、リン酸、カリはご飯、マグネシウム、カリウム、硫黄がおかず。

適切な肥料の投与で土が変わるという。 必要としてくれる人がいるから赤字でも作る。

人のためになることが分かったらビジネスとして返ってくる。まさしくロータリアンだ。


P13「卓話の泉」睡眠力を鍛える

日本人の睡眠不足が経済に与える影響は15兆円、ということにびっくり!

睡眠は感染症にかからない体力づくり、免疫機能の向上につながる。

あっという間に眠れるのは脳が疲労困憊していることでいい状態ではない、

眠れる身体の基本は「温める」「緩める」ことだとか。これは勉強になった。


P13「私の一冊」

P14「ロータリー俳壇・歌壇・柳壇」

P16「友愛の広場」

P20「ロータリー・アット・ワーク」


2021年4月14日水曜日

ロータリーの友を読もう4月

表紙 

明るい季節が帰ってきた。表に出て柔らかい日差しを浴びたい。

鉢物の緑が映えだした、デッキに出て、お茶でも飲もうか・・・

そんな気持ちにさせるイラストです。 色使いがいい。

ページを開けてみようという気になります。


RI会長メッセージは

トップ頁にRI会長のメッセージがある、というのは結構いい。

今月の自分たちのクラブでの取り組みの指標になるし、「友」の内容を予感させてくれる。

また、今年度のクナーク会長は、頭越しにRIの指標を提示するのではなく、

世界中の意識をもったメンバーの意見をシェアするという形で

ロータリーの活動・活躍を示されている。

わかりやすく関心を刺激するメッセージだと思う。


P7)特集  母子の健康月間「日本の母子にできること」

母子の健康というと、低開発国ではまだまだ出産そのものが危険にさらされていて、

その支援に関心がいきがちだが、

日本では周産期医療の発達により母子の安全は

世界のどの国より守られている。

今回の特集は、せっかく母子ともに健康で出産をクリアしながら、

その後の「産後うつ」や「育児放棄」、「児童虐待」、また未成年者の「妊娠中絶」が

問題化しているという現実に対する取り組みが中心になっている。

性教育と取り組む宇部RCは性交、避妊について教えないという指導要領ではできない

講演をロータリアンが行うことによって、誤解のない正しい性知識を指導している。

また甘木RCは九州北部豪雨を機に、弱者母子の避難所、産前産後のケアハウスを開設。

箕面RCは妊産婦の住みやすい町を目指して「マタニティマーク」をPR

大阪西南RCではメンバーによる助産師例会が目玉例会となっているとか。

現実に直面する身近な問題を取り上げ、ロータリーの活動を紹介する等、

テーマの捉え方がいい。


(P14)「静岡大学教育連携講座」 

大学と提携 座学と実習で職業を身近に!

我々広告屋の世界では、現場の専門職が専門学校に出向いて講義し、

希望する学生をインターンシップで企業が受け入れ採用に至る、

という活動が日常的に行われているが、

国立大学が、座学、実習、レポート提出、採点、単位認定、表彰といった

システムを立ち上げ、毎年300人近い履修者を排出している事に驚いた。

これに地元の企業人(ロータリアン)が積極的に関わっている。

地域からの人材流失を少しでも減少させようとの意図もあるが、

職業を通じて社会に奉仕するロータリーの本質をついた試みで、

これはぜひ我が県でも実施するべく、関係機関に働きかけてみたいと思った。

いい記事です。共感。


P16) 「視点 ガバナーのロータリー・モメント」

P20Rotary projects around the globe」 

P22) よねやまだより

「米山から世界の町へーインドネシア・マラン」

日本の富士山とそっくりな山があるマランはジャカルタから

飛行機で1時間半の観光地。よく知られたナシゴレンだけではなく

BAKSO(バクソ)という肉団子スープが美味しいらしい。

マラン出身のエカプリッソさんは、八戸工業高専から山形大学、

東大の修士課程に進んだ俊才。今は隣のマレーシアで日本企業への

人材採用の仕事をしているが、やはりコロナでロックダウン、

在宅勤務のようだ。早く才能が活かせれば、と祈る。



P24 「大人の着こなし図鑑」 ワンピース

ワンピースとはOne-Piece-Dressの略で、つなぎのドレスのこと。

よく耳にするローブ・モンタント、ローブ・デコルテとは皇室の礼装で

一般庶民でもワンピース形式が正式な服装らしい。やっぱり女性は

華やかなワンピースにアクセサリー、ハイヒールというのがいい。


P27) 連載コミック 「ポール・ハリスとロータリー」

      第5章 ロータリーの精神(後半)

「障害児が教育を受けられないことは

その子の一生にマイナスなでなく、その子の良質なエネルギ

社会に還元できないという意味で社会の損失である」

と力説し、それぞれのロータリアンが持てる力を持ち寄って

養護施設を創ったフランク・マルホランド元RI会長の話


P36) NEW GENERATION

21歳のロータリアンがいることにびっくり。

ローターアクトがRIへの参加を認められて「??」だったのに、

専門的職業人でもない学生がロータリアン?

でも読んでみると、貿易会社を起業し国際社会で難民問題の解決にあたるため

行動を開始していると知って納得。問題意識を持つこと、行動すること。

それだけでロータリアンの資格は十分かもしれない。

ただ、日本のローターアクターは、まだまだロータリーへの依存意識が強くて難しいような気もするが・・


P39「財団管理委員長からのメッセージ」

やはり、説得力がある。今月はアメリカの建築家ダニエル・バーナムの言葉。

「小さな計画は立てるな」

「小さな計画には血を沸き立たせる様な魔法の力は無く、計画は実現できない」

地球上のたった一つのクラブが、大きな計画を立て、他のクラブを巻き込み、他の団体も国家も、

更にはビル・ゲイツの財団の協力まで得て、ザンビアのマラリアを撲滅しようとしている、とか。

ロータリーとは目的のために世界が一つになれる団体。成程それでこそロータリー。


縦頁に移って

P4  SPEECH

0から1をつくる (一社)ロコ・ソラーレ代表理事 本橋麻里氏

「0から1をつくる」というテーマに「何だろう?」という関心が湧いた。

ゼロから始めると、いいことなら周りが関心を持ってくれる、感謝してくれる、協力してくれる。

カーリングの場合はそれが、地場企業を巻き込み、自治体を取り込み青森の「町おこし」に繋がった。

本橋さんがゼロから始めた常呂町の(一社)ロコ・ソラーレも然り。

いかに地域をスポーツに巻き込むかがその鍵を握る。もう一つはゼロスタートからのプロセスが

みんなでやろうというコミュニケーションを生み出し、自主性、自発性が生まれるということ。

流行語にもなった「そだね~」は決して偶発的に発せられたものではなく、

ミーティングで普段話していた言葉、つまりコミュニケーションという必然性があって生まれたものらしい。


P9「この人 訪ねて」

平井憲太郎さん 東京池袋西RC

なんと平井さんは、かのミステリー作家江戸川乱歩の孫。

「怪人20面相」「少年探偵団」は、我ら団塊世代は誰でも知ってる人気ドラマ。

その平井さんはこれまた独自の世界、鉄道模型の月刊誌「とれいん」の社長さん。

会社の玄関には本物の機関車が展示されている。

子供の頃から鉄道ファンで松本謙一さんと写真集「煙」を自費出版し

大当たりしたのが、この仕事に入るきっかけになったとか。

祖父江戸川乱歩が創立会員であった東京池袋RCではなく池袋西RCの会員。

祖父は、作家としてロータリーに登録されたことを喜んでいたらしい。


P30) ロータリーアットワーク

地区の西都RCが、ネットを使用してコロナ禍にある地元の医療従事者の支援を

迅速に決定し実行。会員一人ひとりのメッセージつきで、どら焼き500セットを寄贈

したことが掲載されている。