『ロータリーの友』は、国際ロータリー(RI)の認可を受け、ロータリー・ワールド・マガジン・プレス(『THE ROTARIAN』とロータリー地域雑誌の総称)の一員として発行されているロータリーの地域雑誌です。
ロータリーを語る時、ロータリーを思う時、私たちの心の中には各人にとってのロータリーが広がっているはずです。一人ひとりの読み手の生き方によって読み方が異なってよいと思います。なぜ『友』を読むのか、の答えの一つがそんなところにもあるように思います。

2018年7月17日火曜日

ロータリーの友を読もう 7月


2730 地区 R友 地区代表委員 深尾 兼好

4年ぶりに友の地区代表委員を拝命し、例年とは違う意気込みで友を手に取ったら「えっ、分厚い?」確か70ページくらいだったと思うのだが、今月号は90ページ。「うーんまさにインスピレーションになってる!
。で、例によって横組からページをめくると、いきなり片山主水ロータリーの友委員会委員長が登場。「良き読者の伝統を引き継ぎ、その監督のもと良き編集者の伝統を受け継ぐスタッフにより編集される、RI会長表彰も受けた模範的地域雑誌
という解説。友に心を向け,友を心に引き寄せ、好読、愛読に繋げて欲しいとメッセージ。「好読」とは何て素晴らしい言葉でしょう。

新年度RI会長のテーマ『インスピレーションになろう』
「霊感?思い付き?
になる?分からないなぁと思ってメッセージを読むと、国際ロータリー理事会が採択した新しいビジョン「ロータリアンは世界で、地域で、そして自分自身の中で持続可能な良い変化を生むため、手を取り合って行動する世界を目指す」という書き出しから,「ロータリアンにとって一番大切なのは、自分自身に変化を生み出すために行動する」。そして
人々の暮らしを変えるような影響をもたらす活動を行うことでロータリーが地域社会の、更には全世界のインスピレーションになる」。
最後は「インスピレーションになりましょう、力を合わせれば、わたしたちは世界にインスピレーションを与えることができるのです」。という言葉で締めくくられていた。
インスピレーションとは「鼓舞させる人
、「息を吹き込む人
ということになるのか?

Call me Barryというヘッドラインで紹介されているバリー・ラシン新会長のプロフィル。写真がカッコいい。気さくで頼りになる風貌。海が好き、犬が好き、ガーデニングが好きというのも共感。優等生じゃないのも好感。家業の病院を継ぐため、医大に入るが2年で中退。でもそのあとが凄い。マイアミ大で会計学、フロリダ大で病院経営のMBAを取得して病院を継ぎ、本当に必要と言われる病院に育てた。
「私たちがここにいるのは、同じ道を歩み続けるためではなく、新しい道を切り開くため、人生では賭けに出なければならない」という言葉もいい。
地元ハイチではロックスターのような憧れの存在だというのも頷ける。

23ページからが全34地区の新ガバナーの紹介。個性が34個、いろんな方がいる。わが2730地区は川原篤雄ガバナー。「目標は高く、志操は固し」と紹介されているが、写真で見ると奥様との距離が34地区中、最も近い。愛妻家の面目躍如。
42ページからはRI理事他各分野の指導者のメッセージ。石黒慶一RI理事は、KADOKAWA97日から配給する『プレス しあわせの呼吸』,ポリオに感染した人の生き方を描いた映画を紹介されている。この作品には「END PORIO NOW」のロゴが掲出されているらしい。是非見たい。三木 明RI理事は毎年当地区でご講演頂いている大事なゲスト。既定審議会には世界中から文化、宗教、習慣の異なるロータリアンが集まり、新しいルールを決める。これはまさにロータリーの多様性の現れだが、それぞれが違うロータリー觀を持って当然。日本人らしいロータリー觀を世界に発信するのもいい、とメッセージ。同感です。
47ページに1024日は『世界ポリオデー』という記述があった。世界中のロータリーがポリオ撲滅を目的としたイベントを実施しているとか。チャリティコンサートや募金活動、地域イベントへのブース出展等、世界ポリオデーへのイベント登録を呼びかけている。我々の地区やクラブでも積極的に何か考えたいものだ。インスピレーションにならねば。
50ページからはPeople of action around the world
今月は氷上のゴルフでフードバントリー(ホームレスに食品を提供)に寄付したアメリカの例をはじめ、若者の就職チャンスを作るため写真と動画の研修機材を寄付したブラジル。眼鏡を回収しアフリカでの再利用を計画したスコットランド。女性に対する暴力追放キャンペーン「ノン シアーモ ソーレ(私たちは独りじゃない)」のイタリア。障害をもったアスリートたちの夢の実現を支援するシンガポールが紹介されている。世界の地域で行われている身近な取り組みは刺激になる。
縁あってロータリーに触れた若者たちのその後を追ったNEW GENERATION」。「旅するロータリアン」「パズルdeロータリー」も今までになく新鮮で面白い。

縦組では、『SPEECH活水学院の吹奏楽団の総監督 藤重 佳久氏。私は長崎で学生時代を送ったため「活水女学院」という名前に反応して読んだが感動した。仏教系の金賞常連校からカトリック系の無名校に移られた氏は、西洋音楽はキリスト教の五線譜が原点ということで抵抗なく移籍。成程と頷いたが、「いい顔、いい声、いい心」が音を変える、演奏とは正しく楽器を鳴らすことではなく、朗読のように自分の気持ちをこめて演じると生きた音楽になる。と気づかされたそうである。「ねばならない」のMust教育ではなく、「したい」というWill教育でなければならない。音楽指導は人間教育であり、指導の一環として日誌を書かせるのは、いい文章の書ける子はいい音楽を奏でることを実感したからだとも。アメリカでは表現は人間を育てる大事な授業、との観点から、基礎教科として扱われている
お勉強という感じで音楽をするのではなく、楽しみながら授業を受けていると思いやりをもち、自分で物事を考える生徒に育つ、ということなのだろう。

次が『クラブを訪ねて』これまた学生時代40日間実習で滞在した寒河江にあるロータリークラブで創立60周年を迎える伝統クラブである。「ロータリーの杜』を寄贈し、桜や紅葉の名所に育てた、とか。寒河江は元天領で豊かに栄えた土地。砂金が採れ、国の重文、十二神将で知られる名刹慈恩寺が在り、旧家には立派な京風のひな人形が残っている。サクランボや米、水、蕎麦といった自然の恵みがふんだん。米と水と言えば酒。クラブには三軒の造り酒屋のオーナーがいて、うらやましい限り。蕎麦食いが高じて蕎麦道場を作ってしまった粋人もいるとか。これは絶対訪問したい。と思うこといきり。
最後に「友愛の広場
、「卓話の泉
、「俳壇、歌壇、柳壇
、「ROTARY AT WORK」、「声
と続くが今月は友愛の広場に当地区の鹿児島西南クラブのSATUMAミカンと薩摩六白黒豚
、が掲載されている。NHK大河ドラマで注目を集める薩摩のお話。地元でも知らない薩英戦争の詳解が述べられ、SATUMAと呼ばれた温州ミカンとその返礼に貰ったバークシャー種の黒豚が鹿児島ブランドの六白黒豚になった。その通り!これは日本一旨い

2015年12月28日月曜日

ロータリーの友 12月号


12月号の横組み表紙「都会のオアシス」は、東京・丸の内のクリスマスツリー、縦組み「くま川下り」は熊本県人吉市での川下り。いよいよ年の瀬も迫ってきたのだなあと思うと同時に、今回も11月号に引き続き九州の写真が採用されており、うれしく思った。

横組み表紙裏は196869年度日本から初めての国際ロータリー会長が就任」として、日本最初のRI会長である東ヶ崎潔氏の紹介記事。10月の地区大会に田中作次元RI会長を招き。「ロータリーを語ろう」という特別セッションを開催したが、数少ない日本人のRI会長とのご縁があったことに本当に感謝したい。

K.R.ラビンドラン氏の「RI会長メッセージ」は、「贈り物を分かち合う」である。最後に書かれている「人々に喜びをもたらすことによって、自らが犠牲になることはありません。それどころか、喜びは増していくのです。贈り物を贈り合うこのシーズン、私たちはほかの人々と分かち合うことで、与えられてきた贈り物を増やそうではありませんか」という言葉は本当に共感できるし、財団やクラブの奉仕活動を通じて、少しでも分かち合える喜びを感じられるように活動していきたいと思った。

特集「地域社会で汗を流す」では、各クラブの社会奉仕活動がいろいろと紹介されており、大変参考になった。わがクラブでも独自の奉仕活動や、地域で開催される「橋の日」、「延岡アースデイ」などの活動に参加し汗を流している。ぜひ次回、同じような企画があれば投稿したいと思った。

特集「自然災害に備えて ―独自のシステムを持つクラブ・地区―」については、当地区でもアンケートで確認したが、情報が来なかった。東日本大震災後は防災の対する意識や取り組みがいろいろと話題に上っており、今回の特集をきっかけに各地区やクラブでも意識してもらえるようになればいいなと思う。

Rotaryいま……」の「新しい発想でロータリーを」では、ロータリーの多様性を尊重しながら新しい発想で行動していくことも大事であるが、その根底には「ロータリーの目的」や「四つのテスト」を常に持って行動することが大事だと感じさせられた。

「地区大会略報Ⅰ」に第2730地区の地区大会を掲載していただいた。写真を20点近く送った中で、「集え、ロータリアン! 水郷とお接待のまち延岡へ!」の歓迎コンセプトを表わす、友愛の広場での鮎の塩焼きの写真を掲載していただいたことには感謝したい。

縦組み「スピーチ」の「いじめ予防を考える いじめ、問題行動予防の前提となる集団づくり」の中で、「いじめをなくすためには良い『学校風土』をつくる」ことが大事というところに共感した。私も以前、PTA会長を経験したが、普通のことをがんばっている子どもたちに「もっとがんばれ」ではなく、「君たちは今、それで素晴らしいよ」と褒めて、足らないところを支えてあげることが大事であることが、本当に身に染みて必要だと思った。


「ロータリー歌壇」には、当地区・志布志RCの西岡雅博会員の投稿が掲載されているし、「ロータリーアットワーク(写真編)」には、頴娃RCの「高校生と夏の清掃作業」が掲載されていた。12月号にも、地区からの投稿があったことに感謝したい。


2015年11月30日月曜日

ロータリーの友 11月号


11月号の表紙、横組み「朝日を受けて」は、北九州空港連絡橋の朝日。縦組み「紅葉の庭園」は国営武蔵丘陵森林公園のカエデ園。秋も深まり、全国各地で素晴らしい紅葉が見られているのだなあと思うと同時に、ぜひ九州の紅葉の名所も見ていただきたいと思った。

横組み表紙裏は、「西太平洋地域ポリオ根絶京都会議が開かれる」の記事。ロータリアンと関係機関の努力により、現在は野生ウイルス常在国がアフガニスタンとパキスタンの2か国だけになったとのこと。あともうひと頑張り、われわれも協力していきたい。

K.R.ラビンドラン氏の「RI会長メッセージ」は、「平和をもって暴力と戦う」である。フランスの同時多発テロも多くの犠牲者を出したが、本当に、恨みは恨みのよって解決できるのではなく、お互いの思いやりでしか解決できないとつくづく感じた。「私たちは暴力で暴力に立ち向かうことはできません。教育、理解、そして平和という武器をもって戦う時、私たちは真に『世界へのプレゼント』となれるのです」というメッセージに、本当に心を打たれた。

11月はロータリー財団月間。特集「私たちのロータリー財団」にはさまざまな活用例が紹介されており、ロータリー財団の資金がいろいろなところで役に立っていることがよくわかった。

「親睦の輪を広げる姉妹クラブ・友好クラブ」には、当地区から都城北RCの「国境を超えて50周年記念式」として、都城北RCの台湾の潮州RCとの交流が紹介されており、投稿に感謝したい。

Rotaryいま……」の「何度も恐縮ですが、ロータリーの公式ロゴ」では、ロータリーの公式ロゴの使い方について、二神典子編集長が丁寧に解説しており、大変わかりやすかった。やはり全員が、その使い方を共有する必要があるとつくづく思った。
縦組みの中で特に印象に残ったのは、「友愛の広場」に掲載されていた、丸亀RC・和泉清憲会員の「20円でできるロータリーの広報」だった。フレーム切手のことは知らなかったし、オリジナルの絵柄で作成でき、ロータリーの広報に使えるというアイデアは、ぜひ一度わがクラブでも検討してみたいと思った。

「ロータリーアットワーク(写真編)」には、当地区・宮崎中央RCの「トライアスロン大会の運営をサポート」として、宮崎シーガイアトライアスロン大会の運営サポートの記事が掲載されていた。会員、ローターアクターとともに、高校生ボランティアも一緒に参加していた。奉仕の精神が若者にも広がっていってほしいものである。

 

2015年10月29日木曜日

2015年10月号のみどころ

                         
10月号の表紙、横組みは栃木県の「日光東照宮『五重塔』」、縦組みは熊本城のお城まつりで行われた流鏑馬「人馬一体」。江戸時代に徳川家康を祭るために建立された東照宮と戦国時代に加藤清正により築城された熊本城という日本の歴史を物語る場所という意味では共通点を感じる。また、一度訪れてみたいという思いにもなった。

横組み表紙裏は「日本で初めてのIAC結成」、仙台育英学園高校IACの紹介で、100人を超える人数で誕生した日本第一号のこのIACは、当時、世界最多の会員数を擁していたという内容に感銘を受けた。

K.R.ラビンドラン氏の「RI会長メッセージ」、「ポリオ撲滅の物語を語りましょう」から、9月にナイジェリアがポリオ常在国リストから除外され、残るはアフガニスタンとパキスタンの2か国を残すだけとなったとのこと。今日までの多くのロータリアンや関連団体の努力が実を結んだ結果である。ポリオ撲滅が間近に迫っており、大変うれしく思った。10月24日の世界ポリオデーには、何らかの形で撲滅活動に参加しようと思う。

特集「ロータリーは例会から」、握手の効用や食事を例会前に済ませる事例、午後4時からの例会など、いろいろな工夫が紹介されており、大変参考になった。当地区でもロータリーの基本は例会だと、野中玄雄ガバナーが「奉仕は力! 活かそう例会」という地区のモットー(サブテーマ)を打ち出している。

10月の米山月間について、「よねやまだより」の特集「もっと身近な米山を目指して」と、「ロータリー米山記念奨学会資料」が掲載されており、大変わかりやすかった。
同じく10月の経済と地域社会の発展月間についても特集が組まれているが、たしかに具体的にどのような活動が該当するのか、6つの重点分野はわかりにくいと思う。

Rotaryいま……」では、二神典子編集長が「ロータリーの6つの重点分野」と題して説明を加えているが、的を射た記事だと思った。記載されているように、それぞれの月間にどのようなニーズがあるのか、どのような支援ができるのか考えてみる必要があると思う。

来年5月に韓国で国際大会が開催されるが、「ソウル 魂を求めて」の記事は、国際大会への参加を促すために非常によかったと思う。当地区からは200人以上の参加を目標に呼びかけている。隣国での開催であり、ぜひ私も参加してみたいと思った。

縦組み「スピーチ」の「弘法大師とロータリー」であるが、野中ガバナーが住職を務める今山大師には、日本一の弘法大師像が建立されている。4月に開催される「延岡大師まつり」は県内外から多くの人が訪れる九州三大春まつりの一つであり、身近に感じる内容であった。弘法大師の精神はロータリーの精神とも共通しており、癒しを与えること、安らぎを与えることは、人として大事なことだと思う。

「わがまち‥…、そしてロータリー」は、山形県米沢市が取り上げられ、米沢上杉RCが紹介されている。第9代藩主・上杉鷹山公は宮崎県高鍋出身であり、米沢上杉RCと当地区の高鍋RCが友好クラブになっていると紹介されており、何だか身近に感じることができた。
今月号・当地区からの投稿はゼロ。コミュニケーションは仕掛けなければ成立しない。行なったこと、思ったこと、クラブの話題を投稿しよう!




2015年9月25日金曜日

2015年9月号のみどころ

 9月は「ロータリーの友月間」。今月から我がクラブでは、毎月の第1例会で私が今月号のロータリーの友の記事を紹介することとなった。是非、地区内の他のクラブでも毎月雑誌委員会が「友」の記事を紹介する時間を例会で作ってほしいものである。

 9月号の表紙の写真は、和歌山県有田川町の『棚田』とコスモスの花、そして新潟県十日町市の『もみじ引き』のお祭り、両方とも秋の訪れを感じさせる写真である。

 しかし残念ながら12月号~3月号、5月号の表紙写真は入選作が無かったとのこと。再募集で素晴らしい写真が多く集まることを期待したい。

 表2は大阪万博での例会開催。153日(153回)例会が開催され、2万3380人が例会に出し
たという記事は大変驚かされた

 今月号には全国の例会一覧表が折り込んであり、是非活用するようクラブ例会で紹介した。
RIラビンドラン会長のメッセージは、今こそ道具を研ぐ時が来た、つまり「もっと会員を入れるはどうしたらよいか。」に注意を向けるより「ロータリーの会員であることの価値をどう高められるか。」という視点が会員増強のためにも大事であるという意見は正にその通りだと思う。各クラブでも、自分のクラブの魅力や素晴らしさをみんなで論議する場も必要だと思った。「ロータリーグローバルリワード」プログラムは、一度My Rotaryで確認してみたい。

 今月の特別月間特集「ロータリーの友 創刊25周年記念座談会」は創刊当時は発行部数も少なく、いかに当時の方々がご苦労されて「友」の発行にご尽力されたかが大変よくわかった。

 また、第2540地区での「ロータリーの友・友会」は歴代の友地区代表委員が集まって、現職と次期の友代表委員との意見交換を行っているとのこと。現職の立場では大変心強く、この様な取り組みも地区で検討してみてはどうかと思った。

 基本的教育と識字率向上については、日本ではあまり身近に感じられないテーマのため、世界の現状と活動内容が紹介されており、認識を新たにすることが出来た。

 例会の食事エピソード②では、今回も当地区の前代表委員の深尾兼好さん(鹿児島西RC)が投稿されており、大変頭が下がる思いである。これからも、多くの投稿を期待したい。

 縦組みの「友愛の広場」では、高崎RCの驚異の会員増強(64名→101名へ増強)に記事が目にとまった。元巨人軍のラミレス選手の入会にも驚かされた。

 また、もう一つの投稿「ギフトになろう」のギフトとプレゼントの違いについてのご意見にもあるように、日本では「プレゼントになろう」と訳されたが、その中にはもちろん「心と知恵」のギフトという意味が込められている事は、いつも頭に入れておきたいと思った。

                             ロータリーの友地区代表委員

                                   中 島 司 人