『ロータリーの友』は、国際ロータリー(RI)の認可を受け、ロータリー・ワールド・マガジン・プレス(『THE ROTARIAN』とロータリー地域雑誌の総称)の一員として発行されているロータリーの地域雑誌です。
ロータリーを語る時、ロータリーを思う時、私たちの心の中には各人にとってのロータリーが広がっているはずです。一人ひとりの読み手の生き方によって読み方が異なってよいと思います。なぜ『友』を読むのか、の答えの一つがそんなところにもあるように思います。

2020年4月8日水曜日

ロータリーの友を読もう4月

ロータリーの友地区代表委員 深尾 兼好

表紙360度見渡せる山のてっぺんの大きな木。
霧島に天空の森という高級リゾートがあるが、そこの風景が全くこれに近い。
透明な日は、霧島連山から大隅高隈、桜島、微かに開聞岳まで見渡せる。
頂上でミルク、と解説にはあったが、私は、断然満天の星を見ながらのBarがお勧め。もう一つの表紙は、ハーバート・テ―ラー
ロータリーの職業訓4つのテスト」の創案者。
かの1929年の大恐慌の頃、倒産寸前の会社を再建した有名人、
ロータリーが職業奉仕を以てなる国際奉仕団体と謂われる所以である。

今月は「母子の健康月間」。
マローニ―RI会長は、昨年11月の国連ロータリーデーで表彰された
難民コミュニティ支援の活動(ideas.rotary.orgに掲載)を例に上げ、
「世界をつなぐ」というロータリーの一番の強みを忘れなければ、
目を覆いたくなるような悲惨な現実にも対処する機会の扉を開くことが出来る。
とメッセージされている。
特集「命のためにできること」。
いちばん最初の横浜金沢RCが行った
「モンゴルの母子保健向上プロジェクト」に共感、その成果に感激した。
我々のクラブがカンボジアで実施しようとしている
「高度な看護技術者要請プロジェクト」と、考え方、進め方が全く同じ。
3年前、JIKAが関与する現地の団体から支援の養成を受け、現状を視察した。
看護師の国家資格ができた端で、高度なスキルをもった看護スタッフはごく僅か、
看護師の立場も弱く、患者が廊下まで溢れた病院で昼夜働かされている
現状を見て、グローバル補助金の活用を企図した。
横浜金沢RCと同様地域社会のニーズを自力で満たす力をつけさせることが、
持続可能な支援であり、我々が養成した看護スタッフがインストラクターとなり、
研修に使う機材も現地でメンテナンスが可能な形を作れば支援は成功に至る。
確かに国家的な協力=保健省が関リ国立の施設が使えれば、
WHOの統計によって効果と評価が可視化できる
素晴らしい成功例を見せていただいた。

次が児童虐待防止のオレンジリボン運動から、一歩進め、
児童養護施設での「思春期セミナー」を継続している東京豊島東RCの例。
高校卒業後、施設を離れ自立した女子の6割が
虐待を理由に保護されている現状。所謂、
性教育の不備が施設の子たちを破滅に導いている
そこを女性ロータリアンならではの取り組みで
地道な活動をつづけられていることに感心した。

「家族をロータリーに巻き込む」という頁では、
女性会員とそのパートナーにスポットを当てる、という面白い企画で、
女性会員が一人もいない我がクラブでは想像もできないことで、
紹介された記事にいちいち驚かされた。

男性パートナーが会合の講師や重要な役割を担ったり、
放課後例会への参加、青少年の育成への地域住民としての協力。
埼玉のクラブではご主人がブライダル例会に参加し配偶者の会会長へ、
更にはロータリアンとなって夫婦でRLI-DLを務められるまでになった例。
ガバナー・エレクト・パートナーとして国際協議会に参加される男性パートナーも多く、
積極的に発言されているという。

確かにパートナーが参画することは、地域の理解を得ることにも繋がり、
ロータリーとは違う視点から奉仕のあり方を考えることにもなる。
素晴らしいことだと改めて認識した。うちのクラブも頑張らねば。

「ガバナーエレクトin国際競技会」では
518人のGEとそのパートナー392人が参加。
次年度のホルガー・クナークRI会長のテーマ
「ロータリーは機会の扉を開く」が徹底的に論じられた。
祭りの夕辺では「東京五輪音頭2020が披露され、
パートナーの円卓会議でも配偶者の協力が不可欠であることが実証された。
またロータリー家族、いやもう、パートナーでもあるローターアクトも60人が参加し
日本から参加したアクターたちのメッセージに大いに期待が膨らむのを感じた。

36頁から3ページが「侃々諤々」
今回のテーマは「家族はロータリー活動に積極的に参加?それとも・・・」
今月は、最初のページから配偶者、ロータリー家族の理解と協力で
活動の領域を広げた例が、これでもか、というくらい紹介されているのだから
当然、参加すべきでしょう、が当たり前で、殆どが家族の参加を大絶賛。
一人だけ「家族の理解は必要だが、ロータリーは仕事や家族と切り離された
リフレッシュタイム、男の世界のような各クラブが持つ風土を残すのも
いいのではないか?」という意見もあった。
どちらかというと私もこっちかな?

あと、「写真でつづる日本のロータリー100年」も楽しい。
1971年に音の出る黒板があったなんて驚き。
「友」の表紙が両面になったのはその翌年とか、
写真は昔をそのまま伝えてくれる。未来まで残したいものだ。

縦組みではSPEECH」。
毎回「なるほどねぇ」と頷いてしまう話なのだが、
今回も、目から鱗の幼児教育論で驚いてしまった。
一つは、「保育園ではお利口なのに、家では聞き分けがない」という子は、
社会と家庭の区別ができていて、信頼できるから母親に甘えているだけで
悪いことではない、ということ。
もう一つは、子育ては母親だけの責任ではないということ。
お母さんが頑張っても無駄、家族や学校、地域の人に助けを求めて
Good Enough Mother「ほどほどの母親」でいることが、
子供のコミュニケーション能力や自主性、社会性を育てる。
つまり、昔のように、子育ては大家族と大自然と、ご近所と一緒に
行うのがいいということ。

また一つは、
3歳までに施したことが人生の根幹になる、というのは大嘘
だということ。早くから勉強させるより、遊ぶ教育を大事にする
暗記させるより考えさせる環境を作ること、
つまりActive learningが大切。
そして、一番共鳴したのは、
人は幼児教育では育たない、生涯かけて育つ
大人になっても遊びに夢中になれる人は魅力的な人生を送れるということ。
うーん、分かる、その通り!

「この人訪ねて」
あの製氷機のホシザキの会長、坂本精志さん(名古屋東RC)。
1937年生まれだから82歳かしら、78歳から深紅のハーレーに乗リ、
85歳になったらスキューバーダイビングを始めるという怪物だが、
ロータリーでの寄付実績が凄い
米山記念奨学会へ1億円。ポール・ハリス・フェロー、米山功労者連続30回・・・
「日本にはまだ寄付する文化がない。それを根付かせたい」と熱い。
投稿欄では
俳壇に鹿児島西RC長柄英男会員が先月に続き入選。快挙です。
ロータリー・アットワークには、ジャパンカレントRECが、
居住地域が広範囲に渡るというハンディを克服してショッピングモールで
「ポリオ募金活動」を実施したしたことが紹介されている。





2020年3月13日金曜日

ロータリーの友を読もう3月

ロータリーの友地区代表委員 深尾 兼好

表紙イラストから。
護岸は桜並木だろうか?流れを昇る魚と橋の上から、それを目で追う猫。
もう一匹は流れの先を見つめている。風景には心がある。
もう1点は、米国籍ながら日本人最初のRI会長、東ケ崎潔。
Participate! 「 参加し敢行しよう」をテーマに日米の架け橋となった人。
目が涼しい。

巻頭、マローニーRI会長のメッセージは、
ローターアクトによる新しいクラブモデルの創設。
若い世代がロータリーに何を求めるかを理解し支援することが、
世界をつなぐロータリーに成長をもたらす。
確かに穴の空いたバケツに水を足しても会員減少の解決にはならない。
大胆だけどその通りだと思う。

今月は「水と衛生月間」知らなかったが3月22日は「世界水の日」らしい。
国連がロータリーと目標を共有する持続可能な開発目標SDGsの活動が
日本のロータリーでも進められている。
世界で22億人もの人が安全な水を飲めず、7億人がトイレのない生活をしている。
そのため毎日700人もの子どもたちが命を落としている。

特にアフリカが酷く、ロータリー財団学友で開発途上国の水と衛生分野の支援を
行っている宗像淳史君の報告では、井戸を掘り、水を汲み上げるハンドポンプを
供与しても、現地にメンテナンスを行う資金や知識がなければいたちごっこで、
早急に行政や民間セクターを加えた「セルフサプライ」の導入や
ICT(情報通信技術)による設備管理の必要性を訴えている。
これこそが継続可能な支援であろう。
クラブの活動としては、広島北と陵北RCが行った台湾花蓮への
取水施設の建設とメンテナンスを実行する住民のトレーニング支援。
素晴らしいのは、現地を取材し住民の声からニーズを把握し実施されていること。

神埼、佐賀南、西、大村RCはネパールへの浄水設備の設置と衛生教育。
電子データでは機能しないため印刷物にしてワークショップで使用されている。

鴨島RCは戦争でつながったフィリピンへの豊富な湧水を飲用に供するための支援。
計画にあたって会員が実際に現地に赴き、モニタリングを行っている。

以上3例が紹介されているが、何れも現地の行政、住民と一緒に活動し、意識を
もったローターアクトやインターアクトなど若い力を活用している事。
これが目的達成の秘訣だろう。

次が「ロータリアンと共に奉仕するローターアクター」の紹介。
よくある街や海岸の清掃だけでなく、「キッズタウン」や「アクトゲーム」
「街歩き」や「鍋フェス」それにロータリーのおじさんたちには言葉もわからない
「月経カップ」の普及活動など、若者が関心を持って取り組め、達成感のある
内容となっている。やはり奉仕活動は楽しめることが一番。
そして、「ホルガー・クナーク次年度RI会長」の紹介。
ビジネス カジュアル 風貌を見ると陽気で楽しい方のよう。
青少年交換プログラムに長年取り組み、
「ロータリアンになるのにふさわしくない年齢はない」が持論。
次年度のテーマは
「ロータリーは機会の扉を開く」
久々に解りやすいテーマだと感じる。ロータリアンになれば、
新しい機会が得られ、その機会、例えば奉仕の機会を活かすことは、
奉仕を必要としている人にも機会を提供する。双方向の機会ということ。
テーマのロゴには
ブルーゴールドと共にローターアクトのクランベリー
が使われている。アクトへの期待が伺える。
ご夫婦に子供がいないことが、ホストファミリーを務めることによって、
青少年交換が二人の最高のプログラムとなり人生を豊かにしてくれた
と述懐された。
氏はガバナーになるまで一度も地区のリーダー職についたこともなく、
ゾーンでのリーダー職を経験することなくRI理事になったという不思議な方で、
一人では何も出来ないことを自覚し、年齢性別に関係なく情熱を傾ける人物を
尊敬する、という方。
だから
次年度に重点を置くのは、若い世代を信頼し、頼りにしてロータリーの
新しいモデルを創り、ロータリーを強くすること。
「真にロータリーの一部になることは、ロータリーの活動を誇りに思う
ことであって、自分が何をしているかという自己中心的なことではない」
という言葉が印象に残った。
「END PORIO NOW
パキスタンの現状は野生株ポリオの発症が100人を超えたという報告。
今まで入れなかった地域に入れるようになったためだが、ここから感染者を
増やしては苦労が水の泡。チームポリオジャパンの活動に頭が下がる。
縦組み、「SPEECH」は京大名誉教授で関大社会安全研究センター長、
河田惠昭先生の講演要旨 「変貌する自然災害と縮災対策」 
縮災という言葉は初めて見るが、河田先生の造語で「災害が起きる前に対策を
実施し被害を少なくすること、と発生後の早期復旧・復興を目標とすること」と
定義されている。
自然災害は予知できないし、完全に防ぐ手立てもないのが現状で、縮災対策を
事前に徹底することが必要。と政府に提言されている。
インドネシアの例を見ると、2005年の災害で15万人がなくなり、世界中からの
多額の支援で津波早期検知用のブイを浮かべたが、
2018年再び起きた津波では全て故障して機能しなかった。
修理する金がなかったのが原因とか。
SDGs持続可能な支援が叫ばれる所以でもある。
成程と思ったのは、土石流は一度起きると、流れる土石がなくなるため
2~30年は同じ場所で起きない、
にも関わらず,「災害対策基本法」は災害が起きたら、
二度とそこで繰り返さないことを目指す法律なので、その時その場所でしか
機能せず、必ずしも必要ではない砂防ダムに多額の資金が費やされる。
本当は別の場所が危険なのに。
だから縮災。
害が起きる前に被害を少なくする手立てが必要となる。
想定外の外力を防災設備によって完全に制御するのは不可能だから、
緩和するという対策は現実味がある。
また、ロボットならプログラムされた危険基準になったら即、退避するが、
人間は曖昧で、「まだ大丈夫」、「まさかそこまでは」という意識が行動を遅らせる。
水害タイムラインを導入し、
全住民、少なくとも行政機関が同じ基準で行動することが必要、とされた。
防災訓練は失敗することが大事、失敗から人は学ぶ。その場を繕っては
いざという時に過ちを繰り返す。心に留めておきたい言葉だ。

「この人訪ねて」
山形長井中央RCの梅津雄治さん。けん玉製造日本一を誇る会社の経営者。
全国最年少27歳でロータリアンとなった現在35歳の若社長。
けん玉には様々な技があり、段位もあれば全日本選手権もある、とか。
仕事が好きで365日働きたいが、家族と従業員のために週休2日を守っている。
理想的なロータリアンだなぁ・・
投稿では何と、俳壇に我が地区、我がクラブの
長柄英男会員がトップに掲出された。
これは第一席ということかしら。
「血飛沫を上げる首里城末の秋」
うーん素晴らしい。小生も先月、灰燼と化した首里城を訪ねたが、
ホントに血飛沫をイメージする痛みを覚えた。